グーペでのSEO対策方法

トップページ > グーペでの制作について > グーペでのSEO対策方法

検索した際に
見つけてもらいやすくする施策が
SEO(エスイーオー)なのです。

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の頭文字をとった略称で、検索エンジンに最適化するという意味合いになります。

一般的にSEOというと、googleなどで検索した際に、検索順位の上位に表示されるようにするための対策を意味しますが、それはgoogleがそのサイトを良いサイトだと判断し、サイトの上位に表示させるべきだと判断させるために、サイトの構造を最適化するためです。
但し、最後にも述べますが、検索順位の上位に表示されるようになるために、最も重要なのは閲覧者にとって有益な情報を提供することです。
googleは検索によって、より良い情報を提供したいと考えます。
そのため、掲載内容がより良い情報であればあるほど、上位に表示させたいという考えがあります。

但し、googleは人の目でサイトを判断しているわけではないので、良い情報だけを掲載していれば必ず上位に表示されるわけではなく、googleが良いサイトであるかどうかを判断するプログラムに、良いサイトであると認めてもらうための一定の作法に則ったアプローチを行う必要があります。
ココでは、その一定の作法をご紹介させていただきます。

Goopeで行うべきSEOとは

SEOといっても、対応策は様々です。
何故かというと、googleは何をしたら検索順位の上に表示させるということを明確にはしていないからです。
googleは検索順位の上げ方ではなく、適切なサイトの在り方という形で情報を公開しています。

そのため、その在り方を守れば必ず検索順位の上位に表示されるという保証はありません

但し、googleの推奨するサイトの作り方をしていると検索順位が上がりやすいというのは確かです。
これは様々なSEOの専門会社がテストした結果で明確になっています。
SEO専門会社では、Googleがあえて推奨していないような方法などもテストされており、推奨外の対応をしても、検索順位が上がるような方法などもあり、SEOの手法は多様化しています。

グーペでは、システム的に対応できる範囲が限定されるため、グーペで対応できる範囲で、且つ、やっておく方が良いと考えられるSEOを紹介します。

Google Analyticsの設定

グーペでは、デラックスプランにすることで、アクセス解析機能を付帯させることができます。
とても見やすくて便利な機能ではあるのですが、別途、Googleが提供しているアクセス解析ツールであるGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)は導入しておく方が良いでしょう。

これが単体で、SEOに対して効果があるとは言い難いものではありますが、次に紹介するSerch Consoleと連動するととても使い勝手の良いツールになります。

Google Analyticsの設定はこちらから行うことができます。

Serch Consoleへの登録

Googleは、インターネット上にプログラムのロボットのようなもの(google botといいます)を徘徊させることで、インターネット上にあるサイトを分析して、どのサイトが価値の高いサイト(検索上位に表示させるべきサイト)なのかを判断します。

では、作り立てのページはどのようにして、Google botが訪れるようになるのでしょう。
他のサイトからリンクされていたり、Google Analyticsに登録されているとGoogle botがアクセスするというのはありますが、一番確実な方法が、Serch ConsoleというGoogleが管理しているページから、自分のサイトを登録することで、Google botにサイトの制作や更新をお知らせし、アクセスさせることができます。

これは、グーペのSEOかんたん設定からも行えます。
Serch Consoleでは、他にも、サイトにアクセスしてくる際に、どのようなキーワードで検索してサイトにアクセスしてきているのかなども確認できるため、SEOが上手くできているかどうかの判断基準にもなります。

サイト名の検討

検索のポイントとして非常に大きいのがサイト名です。(またはページ名です。)
サイト名は、グーペの場合ですと、管理画面のメニューの中の「設定」の中にある「基本設定」というところを選択すると「タイトル」という項目があるので、この部分を更新すると変更することができます。

Google botはここに入っている情報を重要視する傾向にあります。

そのため、例えば、ミヤビという名前の美容院を経営している場合、ここに
ミヤビ
とだけ入れると、キーワードとして「ミヤビ」というものにしか反応しにくく
●●駅から徒歩●分の美容院 ミヤビ
とすれば、「●●駅」「美容院」「ミヤビ」と複数のキーワードを補完できるため
●●駅 美容院」と検索した際に、検索順位の上位に表示されやすくなる可能性があります。

但し、タイトルは長すぎると、キーワードの為だけに、ページのタイトルを設定しているとgoogle botに判断され、悪質な行為とみなされて、逆に順位を落とされてしまう可能性もあります
長すぎるタイトルには注意が必要です。

ディスクリプションの検討

descrptionと書きますが、グーペでは管理画面のメニューの中の「設定」の中にある「基本設定」というところを選択すると「説明文」というエリアがあります。ここが、descriptionです。ディスクリプションとは何かというと、グーペの項目名にもあるように、サイトを説明する文章です。

このサイトはどういうサイトなのかを説明します。

そのため、Google botもこのサイトがどんなサイトなのかをdescrptionを見て、判断する傾向にあります。
ここにはある程度の長さの説明文を入れても問題ありません。但し、誇張しすぎれば、タイトルの時と同様に、Googleに悪質なSEO対応とみなされる可能性があるので、あくまで、サイトを閲覧しに来るユーザーに対して、わかりやすく的確に説明するような文章にしてください。

コンテンツの拡充

googleが検索順位に表示したいサイトとは、しっかりと検索したキーワードに対する情報が掲載されているサイトです。
検索した側が「この情報が欲しかった」と思えるような情報を好みます。

簡易的に作られたサイトでは、ユーザーの満足を満たすことができない可能性があります。

そのため、Google botはサイトの情報の「」と「」を注視します。

「量」とはページ内のテキスト量や、サイト全体のページ量です。
もちろん、無駄な文章をたくさん入れておけばいいとは限りませんし、無駄なページがたくさんあればいいというわけではありません。

「質」として、わかりやすい情報であるか、ページのタイトルとは異なるような内容になっていないか、文章量が多すぎて読みづらくないか、などなどが判断されていると言われています。

そのため、コンテンツとして、ユーザーに「それが知りたかった」と思わせるようなページの拡充が必要となります。

SEOで何よりも大事な事とは

最初にもお話したように、SEOの基準は、Googleが定めていて、Googleは、検索したキーワードで表示したサイトに、閲覧者が満足してもらえるようにしたいという意向があります。

Googleが推奨するルールを守ることは非常に重要な事ではありますが、小手先のSEOだけを重視しすぎて、本来伝えるべきユーザーに伝わらないようなサイトにならないように注意しましょう。

Goopeでは、SEOでもやり切れる範囲は特定されてしまいます。但し、それでも、検索順位で1位を獲得することは不可能ではありません
当社が制作したGoopeのサイトでも、狙ったキーワードで検索順位1位を獲得したサイトはいくつもあります。

是非、諦めずに、良いサイトを構築していただければと思います。

もし、グーペのSEOでお悩みの場合は、気軽に当社までご相談ください

ご相談はこちら