飲食店のホームページ制作について

飲食店では、ホームページを持たずにぐるなびや食べログの情報に依存するようなケースが多く見受けられます。
ぐるなびや食べログだけで店舗のイメージや特徴などが存分に訴求できるのであれば良いのですが、ぐるなびや食べログは特定の決まったフォーマットの中に情報を入れ込むのみなので、どの店舗も同じようなデザインになり、訴求要素も似たような見え方になってしまうので、ユーザー側の比較対象が、場所と価格と口コミに寄り易くなってしまいます。
さらには、ぐるなびや食べログにアクセスしたユーザーも更なる情報を求めて店舗のホームページにアクセスする人が多いという実情もあります。 だからこそ、ホームページでは、その店舗らしい魅力的なものにする必要があります。
 

飲食店のホームページのページ内容について
飲食店のホームページでは以下のようなページが必要になります。
  • トップ
  • こだわり(場合によってはトップに掲載)
  • メニュー
  • 店舗情報
  • 地図
  • お問合せ先(予約フォームまたは電話番号)
  • お知らせ(新着情報)
飲食店のホームページのデザインについて
基本的には奇抜なデザインにする必要はありません。料理の写真が映えるので黒ベースのサイトにしがちなところがありますが、黒ベースにすると高級な印象を与えるため、高級料理を求めていないユーザーに対してアンマッチになってしまう可能性があります。
だからといって、「安さ」を訴求したメッセージをちりばめると、サイトに持つ印象がちぐはぐしてしまうので陳腐なサイトになっていしまいます。
デザインや雰囲気に関しては、そのお店の雰囲気に合わせるのが最も良いかと思います。 さらに大きな写真を配置し、スライドやフェードなどで写真が切り替わるようになっていると色々なシーンを訴求できるようになります。
あまり多くの写真を飾りすぎてしまうとデザインがごちゃごちゃとしてしまうので、メイン写真1点(スライドで切り替わり数点)、サブ写真1~2点程度で抑えるのがすっきりとして見やすい写真となります。
写真は、プロの撮影した写真が最善ではありますが、プロに依頼することができない場合はできる限り部屋を明るい環境にし、ライトなどを追加して、おいしく見えるように撮影してください。
飲食店の場合の写真は「あればいい」ということはなく、美味しく見えない写真や、近隣の他店に劣るような写真は逆効果となってしまいます。
飲食店のホームページの運用のコツ
まず、お知らせ(新着情報)に関してはCMSで更新できるようにしておきたいところです。
その日のおすすめメニューなどを毎日でも更新することがSEO的にも有効になります。
おすすめメニューに関してはわざわざカメラマンに撮影してもらう必要はなく、キッチンなどで撮影した現場っぽさのある写真の方が新着っぽさが訴求できます。
飲食店のホームページの集客方法について
Googleマイビジネスヒトサラぐるなび食べログあたりは登録しておきましょう。
基本的には内部SEOで上位に上げる方が費用対効果としては良いかと思います。
但し、リピートに関して、ものすごい自信がある、またはリピートさせる仕組みがしっかりとできているお店の場合はネット広告に投資する手もあるかもしれません。
さらにfacebooktwitterあたりに登録し、新着情報と連携させるのも良いかと思います。 他にもホームページを連動させた割引クーポンの発行なども手段のひとつです。

飲食店は売り上げ単価を考えると、ホームページに割く費用というのは非常に大きいものになってしまいます。 できる限り初期費用と運用費用を抑えることが効果的なホームページを作成するコツとなります。